お知らせ(9月1日)

新型コロナ感染症対応について

カトリック大分教区 司教

浜口 末男

 

5月12日、それまで中止していた主日の公開ミサを再開することとしましたが、

7月末から大分・宮崎でも感染者が報告されるようになりました。また、これらか秋冬にかけて、さらなる警戒が呼びかけられています。 

以上の状況を考慮し、8月25日に開催された司祭評議会において、次のことを

確認いたしましたのでお知らせいたします。

 

(1) 信者が主日と守るべき祝日にミサにあずかる義務(教会法第1247条)を免除します。よって、信徒は、自分の健康状態や家庭の状況を考慮し、不安があれば、参加しない決断をしてください。

(2) 主任司祭は地域の感染状況を見て、信徒と相談の上、公開ミサを中止することができるものとします。

(3) 自治体や保健所の指導を尊重し、感染対策には万全を期して下さい。

 

また、偏見・差別は決してあってはなりません。私たちは引き続き、全世界の教会、および善意の人々と連帯し、感染の早期収束と、困難に直面している人々、医療従事者のために祈ることといたしましょう。

延岡教会は、教区の指針に従って、主日ミサ(10時30分)は

今まで通りにしますが、 9月も引き続き、高齢者健康に不安をおぼえる方自粛するようお願いします。

​      延岡カトリック教会 主任司祭 朱 範洙

ミサの時間

  主日ミサ

日曜日:10時30分 

延岡カトリック教会

  平日ミサ

月曜日~土曜日:6時20分

聖心のウルスラ修道院聖堂

 

​リンク

宮崎県の少年少女の集い、

 男性の集い、女性の集いは中止になりました。

© 2018 by Nobeoka Catholic Church